TOP > 美容皮膚科 > Qスイッチルビーレーザー

美容皮膚科

皮膚の疾患だけでなく、美容も施術の目的とし、医療に則って科学的根拠に基づいた診療方法を行う皮膚科の診療分野です。
基本的にメスを使わず、身体的・精神的な負担を極力排除した方法で肌本来の美しさを引き出す治療を行います。

お悩み別美容メニュー

ルビーレーザーによるシミ・アザ治療

シミ・アザ

茶あざ、黒あざは皮膚の中にあるメラニンが異常に増殖していて、その部分を皮膚表面から見ると茶色や黒色に見える病気です。シミやアザは皮膚のメラニン色素の増加によって生じます。色素の量の度合いや色素がある部位の深さによって茶・青・黒に見えます。当院では、皮膚のメラニン色素異常に対するレーザー治療を行っております。

The Ruby Z1(ザ・ルビーZ1)

The Ruby Z1(ザ・ルビーZ1)

 

当院では、The Ruby Z1(ザ・ルビーZ1)というQスイッチルビーレーザーを採用しています。

The Ruby Z1は、しみやアザの種類に合わせて、Qスイッチとノーマルパルスの照射時間を選択することができます。

Qスイッチルビーレーザーの特徴

Qスイッチルビーレーザーは、さまざまなしみやアザを治療する、強力なレーザー治療機器です。メラニン色素のみに反応するレーザーですから、血管や皮膚組織にダメージをほとんど与えず、ケロイドなどの副作用が起こりにくくなっています。

Qスイッチルビーレーザーでの治療

シミやそばかす。黒あざ(太田母斑・異所性蒙古斑)、茶あざ(扁平母斑)などの治療に効果的です。治療部位は顔だけでなく、体にあるシミの治療も可能です。

レーザーとは

レーザー光は、ある特定の色素に反応し吸収される性質があります。ルビーレーザーは694nmの波長を出し、皮膚内部のメラニン色素を選択的破壊することに優れているレーザー治療機器です。傷跡を残さずにメラニン色素のみを安全に治療しますので、正常な皮膚の組織を傷つけることがないのです。

ルビーレーザー光とは

ルビーレーザーの光はメラニン色素によく吸収されるので、正常組織のダメージを最小限に抑えながら、メラニン色素を破壊します。さらに、ヘモグロビン、コラーゲンへの吸収率が低いことから、正常組織、血管などへの障害を与えずに照射します。

つまり、ルビーレーザー光は、色素や正常組織に対して、最も反応しにくい波長であるため、効果的にしみやアザを治療することが可能になっているのです。

Qスイッチモードについて

Qスイッチ(短時間に出力を発揮する装置)を用いることで、強力なエネルギーを集中させ、皮膚の深い部分(真皮)にあるメラニンを破壊します。このQスイッチは、レーザー光線をシャッターのような装置で発生させ、20ナノセカンド(5千万分の1秒)という極めて短い時間に作動します。照射時間が非常に短いため、皮膚表面に傷を残しません。

ノーマルパルスモード

真皮へのダメージを与えずに、皮膚の浅い部分(おもに表皮)にあるメラニン色素を破壊します。Qスイッチモードに比べてマイルドな治療を行うことができます。

The Ruby Z1は、この2種のモードを使い分けて、侵襲の少ない治療を行います。

The Ruby Z1(ザ・ルビー Z1)のメリット

The Ruby Z1(ザ・ルビー Z1)の光はトップハット型という、均一なパワーモードです。カライドスコープによって、正確な多角形スポットに均等な強度のエネルギーを与えることができるため、円形スポットでの照射漏れや重ね射ちによる色素脱失などの治療ムラがなくなり、確実な治療が得られます。フラットな照射は炎症が軽度なため、早く治癒します。

 

レーザー照射によるメラニン破壊のメカニズム

シミやアザは皮膚のメラニン色素の増加によって茶・青・黒に見えます。

ルビーレーザーの光はメラニン色素によく吸収されるので、正常組織のダメージを最小限に抑えながら、メラニン色素を選択的に破壊していきます。

破壊された色素は、皮膚の浅い部分にある場合には、かさぶたのようになり体表に排出されます。

皮膚の深い部位の色素は体に分解されながら取り込まれてゆき、体外へ排出されます。

破壊された色素の分解・排出が進むにつれ、シミ・アザのない皮膚が形成されます。

 

Qスイッチルビーレーザー治療の流れ(保険 自費共に)

1. 照射部位の化粧を落とします

顔の治療の際は、ファンデーションなどがレーザー治療の障害となるため、化粧を落としていただきます。

2. 表面麻酔のクリームを塗布し、シールを貼付して密封します(待ち時間: 60分間~)

照射時に痛みを伴うため、治療部分には表面麻酔を行いますので、安心して治療を受けていただきます。

3. 麻酔クリームを拭き取って施術します(施術時間の目安: 10分)

衝撃波(光音響効果)による痛みはありますが、すぐに無くなる痛みです。レーザー照射後、照射部分の表面は白く変化します。

4. 創傷保護テープを2重に貼り付けます

治療後は肌色の創傷保護テープを貼ります。10日間放置し、治癒に最適な湿潤環境を維持します。はがれたら貼り直しを行っていただきます。

5. テープを除去した後は、当院指定のコンシーラーを使用していただきます(税抜き3,500円)

施術後2~3か月は使用することになりますが、1本あればほぼ最後まで使えます。

  • HQ含有コンシーラー
HQ含有コンシーラー

 

治療費

黒あざ・青あざ(太田母斑・異所性蒙古斑)

健康保険の適応です。3か月毎に5~6回の治療が必要です。

※ 健康保険の適応は5回までです。

茶あざ(扁平母斑)

健康保険の適応です。3か月毎に5~6回以上の治療が必要です。

※ 健康保険の適応は2回までです。

参考 Q-スイッチ付ルビー照射療法(保険診療の場合)

  • 4cm2未満  2000点
  • 4cm2以上 16cm2未満  2370点
  • 16cm2以上 64cm2未満  2900点
  • 64cm2以上  3950点

※ これに自己負担率をかけたものが治療費となります。

シミ・ソバカス(保険適応なし、自費診療)

3ヵ月毎に2~3回の治療が必要です。

長径 1mmあたり 1,000円

 

参考資料1 患者さん向け説明資料

レーザー治療とは

茶あざ、黒あざは皮膚の中にあるメラニンが異常に増殖していて、その部分を皮膚表面から見ると茶色や黒色に見える病気です。レーザー治療は、色による光の吸収の違いと1億分の数秒の間に数メガワットという強い光の熱作用を利用し、あざの原因であるメラニンを壊します。

今までは適切な治療法がなくあきらめていたあざを、レーザーで安全に治療できるようになりました。

正常な皮膚組織をほとんど痛めません

  • 治療の際に出血したり傷跡が残ったりする心配がありません。
  • レーザー光線はX線と異なり、赤外線・可視光線領域の波長の光なので安全です。
  • レーザー照射時の痛みは、輪ゴムをはじいた程度のいたみ痛みです。
  • 塗り薬による麻酔を行ってから施術しますのでご安心ください。

外来通院で治療できます

  • 個人差がありますが、浅いシミや小さなホクロなどは1回の治療で済みます。深いシミやあざなどは、2~3ヶ月以上の間隔で平均3~5回の治療を行います。
  • 1回の照射は一瞬なので、小さなホクロなどは1~2分程度、大きなあざでも15~20分程度で終了します。

レーザー治療の保険適応について

  • 太田母斑、異所性蒙古斑、外傷性異物沈着症は5回まで、扁平母斑は2回まで、健康保険の適用がありますが、所定回数以上の施術、美容目的での治療は保険適用外となっております。

赤ちゃんから治療可能です

  • 成長とともに患部が大きくなる前に、新陳代謝の盛んな赤ちゃんのうちに、治療を始めるとより効果が上がるとされています。生後5~6ヶ月以上であれば治療は可能です。
  • 妊娠中はホルモンの影響でシミが濃くなりやすいので、出産後に治療を受けることをお勧めします。

 

参考資料2 痛みの種類について

  • 衝撃波によるもの(光音響効果)
  • 熱作用によるもの(光化学作用・光熱作用)

真皮にある色素病変のレーザー治療は、衝撃波が四方に拡散するため、表皮にある色素病変のレーザー治療に比べて、痛みを強く感じます。

扁平母斑(茶あざ)や老人性色素斑(しみ)のように表皮(皮膚の表面)にメラニンがある場合は、上方への衝撃波は空中に拡散しますが、真皮にメラニンがある太田母斑(黒あざ、青あざ)の場合は、衝撃波が四方に拡散するため、痛いと感じやすい傾向にあります。

熱作用による痛みは、パルス幅が長くなるほど、照射面積が広いほど、強くなります。

熱作用は、色素の有無に関わらず痛みを伴います。神経の密度が大きいほうが痛く、顔では目、鼻、口の部位が痛いようです。逆に臀部では、痛みは少ないです。

診療時間

美容皮膚科

美容皮膚科 ・・・ 月曜・火曜・木曜・金曜
9:00~13:00
15:00~17:00(木曜は除く)
↑