TOP > 美容皮膚科 > 肝斑

美容皮膚科

皮膚の疾患だけでなく、美容も施術の目的とし、医療に則って科学的根拠に基づいた診療方法を行う皮膚科の診療分野です。
基本的にメスを使わず、身体的・精神的な負担を極力排除した方法で肌本来の美しさを引き出す治療を行います。

お悩み別美容メニュー

肝斑

肝斑の特徴

肝斑は、ほほ骨のあたりや額、口の周辺などにシミが左右対称性に現れるという大きな特徴を持っています。ただし、たまたま日光黒子(老人性色素斑)が左右の似たような場所に似たような大きさで出ることもあるので、輪郭がはっきりしない、薄い褐色で広い範囲に、もやっと広がっている、などが、肝斑のポイントです。また、肝斑は目の周囲にはできず、色が抜けたように見えることもあります。

発症の原因

妊娠や経口避妊薬が発症を促したり、症状を悪化させたりすることから、肝斑の発症には女性ホルモンが何らかの形で影響していると考えられています。また、紫外線・ストレスが発症の要因であると同時に、シミができたというストレスがさらに症状を悪化させるといった悪循環も見られ、ストレスとの深いかかわりも指摘されています。さわりぐせ、過剰なスキンケアによる物理的な刺激、毛細血管の拡張が最近肝斑の原因として注目されています。

発症の多い年齢

ソバカスは思春期に多く見られ、加齢に伴い発症が多くなるのが日光黒子(老人性色素斑)です。肝斑は、30~40歳代に発症年齢が集中しています。症状が見られるのはだいたい50歳代後半まで。60歳代以降ではほとんど発症することはなく、むしろその年代になると、シミが薄くなったり、消えたりすることが知られています。

しみの治療法

I2PL

I2PLI2PLは強い光と熱刺激をお肌に与える施術です。これによってお肌の若返りを促します。I2PLの大きな特徴は他のフラッシュ光線治療器とちがい、有害な波長の光を除去するフィルタを備えていることです。これによって治療効果の高さと安全性の2つのメリットを実現したのです。しみ・そばかす治療のほか、毛細血管の拡張・にきび菌の殺菌・真皮層に働きかけてコラーゲン量を増加させるなどの効果もあります。

ハイドロキノン美白クリーム

ハイドロキノン美白クリームハイドロキノンはとても強い漂白作用を持った塗り薬です。シミの原因となっているメラニンやメラノサイトに直接働きかけてシミを薄くするので、“お肌の漂白剤”“お肌の美白剤”とも呼ばれています。今あるシミを消す効果はビタミンCより高く、さらにこれからできるシミも予防することができます。

イオントフォレーシス

イオントフォレーシスイオン導入とは、肌に浸透させにくい水溶性の薬液(ビタミンC)を微弱な電流を流すことで効果的に浸透させる施術です。イオントフォレーシスによる肝斑の効果は、少しずつですが、確実に反映されてきますので、肌へのデメリットのない治療方法としてお奨めしています。

診療時間

美容皮膚科

美容皮膚科 ・・・ 月曜・火曜・木曜・金曜
9:00~13:00
15:00~17:00(木曜は除く)
↑