TOP > 一般皮膚科

一般皮膚科

皮脂欠乏症

人の皮膚は通常、皮脂、細胞間脂質(セラミド)などの天然の保湿因子によって水分が保たれていますが、空気が乾燥する秋~冬になると、皮脂の分泌機能が衰え、保湿因子も減って、皮膚が乾燥し、皮膚の最上層にある“角質”に小さな亀裂ができます。このような状態を皮脂欠乏症(乾皮症)といいます。

症状は、皮膚がガサガサして、粉をふいたようになります。ひどくなると、魚のうろこのようになります。

多くの場合かゆみをともない、掻くとますますかゆくなって、湿疹ができます。すねや太もも、腰のまわりなどが特にかゆくなるところです。

治療方法は、保湿剤を塗ります。また、湿疹ができてしまった場合は炎症を抑えるために副腎皮質ステロイド軟膏を塗布します。

生活で注意することは、入浴時に石鹸を使いすぎたり、ナイロンタオルなどでごしごし洗うと、皮脂が取れてしまい、皮膚の乾燥がいっそうひどくなるので、洗いすぎに注意しましょう。手のひらでからだをなでるようにして洗ってください。石けんは固形石けんで洗ってください。液体せっけんに含まれる合成界面活性剤は皮脂を破壊し、バリア機能を低下させます。

入浴は熱すぎる湯に長く入ったり,強く皮膚を擦ったりするのは望ましくないと考えます。

暖房で皮膚から水分が蒸発しますので、直接、風やストーブの熱があたらないようにします。適度な湿度を心がけましょう。

衣服は刺激の少ないものを着用するようにし、かきむしらないように注意しましょう。かゆみが強い場合は、抗アレルギー薬を内服することもあります。

皮膚炎がないときにも保湿剤を使用

肌の水分を保持するためには、入浴後に、保湿剤などでスキンケアをしておくことも大切です。みずみずしい肌を保つために必要なのは保湿剤です。皮膚炎がないときにも保湿剤を継続使用してスキンケアを行うよう指導することです。保湿を中心としたスキンケアは、皮膚炎の予防と心身のリラックスという両面からも効果的でしょう。皮膚科専門医に相談しながら実際に軟膏処置をして、どの薬をどのくらいの量,どのように塗るのかを指導することが大切です。

コツはしっかりと手で保湿剤を薄く伸ばし、伸びた軟膏を薄くぬることです。皮膚に乗せるように置くようにぬってください。

角層のバリア機能を保ち、刺激物質の侵入を防ぐ

皮膚のバリア機能とは、皮膚の表面にある皮脂膜と、角質や角質層に含まれる天然保湿因子と細胞間脂質によって、体が外界からの刺激から守られていることです。

肌がみずみずしく潤っているとは皮膚科学的にいえば,角層の水分量が多い状態のことです。
その重要な因子が、
 1. 角質細胞間脂質
 2. 天然保湿因子
 3. 皮脂
です。
角層は,表皮ケラチノサイト由来の角層細胞がだいたい14~15層(かかとでは100層以上ですが)緻密に積み重なり,その間を角質細胞間脂質が埋めています。角質細胞間脂質が皮膚のバリア機能を維持し,吸水能力や水分保持能力に大切な役目をしています。角層細胞のケラチン線維をがっちり固めているフィラグリンが分解されてできた低分子の水溶性アミノ酸を,天然保湿因子(NMF)と総称しています。年齢が進むにつれて,この天然保湿因子が減少していきます。さらに,男性ホルモンの影響で毛穴から分泌される皮脂も皮膚の表面をおおい,ある程度の水の蒸発を防いでくれます。ところが女性では30歳ごろから,男性では50歳ごろから男性ホルモンの低下が起こり,下肢や腰のまわりを中心に,特に冬になると皮膚が乾燥してきます。汗の中には,天然の保湿成分が含まれているのですから、運動をして汗をかくことをおすすめします。

  • 皮脂欠乏性湿疹 レガース皮膚炎
  • 皮脂欠乏性湿疹 レガース皮膚炎
皮脂欠乏性湿疹 レガース皮膚炎

 

スギ花粉症皮膚炎

花粉症皮膚炎とは

スギ花粉による花粉症(アレルギー性鼻炎、結膜炎)をもつ方は花粉の飛散時期に、目の周りや頬、首、耳などに赤みや腫れが出たりします。かゆみが出る為、目の周りをこすってしまい皮膚炎を起こすことがあります。この症状をスギ花粉症皮膚炎といいます。

原因

アレルギーのもととなる花粉が皮膚に触れることが原因となる場合と、鼻、目の症状に合わせて、二次的に出現する場合があります。

花粉症皮膚炎がおこりやすい場所

顔は衣類に覆われてないので花粉が直接、皮膚につきやすいところです。さらに、眼瞼(まぶた)は他の皮膚より薄いこともあり、外からの影響を受けやすい場所です。

予防

外出前に保湿剤(ワセリンやヒルドイド軟膏®)を外用して皮膚にバリアを作り、直接花粉を皮膚に付けないようにしましょう。また、洗顔料などで顔を洗いすぎると、皮膚のバリア機能が失われて、皮膚の花粉症がおこりやすくなりますので注意して下さい。

治療方法

ステロイド剤の外用が一般的ですが、プロトピック軟膏®が劇的に効くことがありますので御相談下さい。さらに抗ヒスタミン剤、抗アレルギー剤を、花粉症の症状を改善する目的で内服します。

 

水虫

白癬(水虫)

「みずむし」とは、真菌(俗にカビ)の一種である、皮膚糸状菌が皮膚に感染して生じる疾患です。皮膚糸状菌の多くが白癬菌であることから、「みずむし」のことを、「白癬」という病名で呼びます。白癬菌(水虫菌)は皮膚の角質や爪、毛にあるケラチンが大好物です。

皮膚糸状菌には、皮膚の角質層のケラチンという物質を溶かしてしまう、ケラチナーゼという酵素があり、ケラチンを栄養源として、皮膚や爪に侵入していき、寄生するのです。

白癬のうち、特に手・足の場合に「ミズムシ」といいます。からだのあちこちに感染寄生することがあり、さまざまな呼び方があります。爪白癬(爪水虫)・頭部白癬(シラクモ)・体部白癬(ゼニタムシ)・股部白癬(インキンタムシ)などがそうです。

ここで注意をしておいていただきたいのですが、「みずむし」は、痒くないことがほとんどです。「あしが痒い」病気のほとんどが、水虫ではないのです。たとえば、冬になると、足の裏全体、特にかかとの角質が堅く、ゴワゴワになって、ひび割れを起こすので困っています、と来院される方が多くなります。このとき、当院ではフットバスに入っていただき、角質を和らげます。角質を調べると、「角質増殖型」という、水虫(白癬)の1パターンであることがよくあります。

角質増殖型足白癬(水虫)の場合、夏よりは冬に症状が悪くなることが多いようです。ご自宅で軽石を使うと、角質はとれますが、水虫菌は軽石によってできた細かい傷の隙間に入り込んで、ますます皮膚の奥にはいり、増殖をするという、悪循環になってしまいます。

水虫の患者数は全国で1千万人以上といわれており、男女の差もありません。また、角質増殖型水虫の場合、「爪水虫」を合併している人が、ほぼ半数で認められます。

冬の間の方が、水虫の原因菌である白癬菌の活動はおとなしくなりますから、この間に水虫の治療をしておくと、夏が快適に過ごせます。

爪水虫(爪白癬)

毎年水虫を繰り返す、爪が白く、または黄色く濁っている、爪が厚くなって靴が履きにくい、爪がもろくなってボロボロ欠けるなどの症状があったら、カビの一種である白癬菌が、爪の中に入り込んで起こる足爪白癬なのです。かゆみや痛みなどの自覚症状がないために見過ごされ、スリッパやバスマットなどを経由して、家族に感染する恐れもあります。爪水虫は自然に治ることはないので、ペディキュアで隠し続けることはできません。きちんと治療して、水虫とサヨナラしましょう。爪水虫の場合、ぬり薬は爪の中になかなか浸透しないため、治すことは困難です。治療には病医院で処方される内服薬が効果的です。内服薬には約6カ月毎日のむ、今までの連続服用の治療に加え、パルス療法があります。「パルス療法」とは、1週間毎日薬をのんで3週間休む、これを3回繰り返すだけ。合計の服薬日数は21日だけですが効果は約1年間持続します。薬の効果には個人差がありますし、症状によって使い分けも必要なので、必ず医師に相談しましょう。

治療にはのみ薬が効果的で、中でも服薬日数の少ないパルス療法は若い方や女性を中心に支持されています。薬の処方には血液検査が必要です。受診される際は、受付で病歴や普段服用している薬名を伝えてください。3カ月以内に健康診断などを受けていれば、その結果も持参をしてください。爪が生え替わるには半年から約1年かかります。服薬終了後も、医師による経過観察を続けるのがポイント。

爪水虫の原因となる白癬菌は身の回りに多く潜んでいます。感染を防ぐためには、付着した白癬菌をその日のうちに除去することが大切です。毎日、石けんで足の指の間までよく洗い、洗った後はしっかり乾かすことも忘れずに。足を日々チェックし、清潔に保つことを習慣づけましょう。

  • KOHによる直接鏡検
KOHによる直接鏡検

 

帯状疱疹(たいじょうほうしん)

皮膚の病気で重症になるものに、ヘルペスというウイルスに感染してできる病気があります。その中の一つに「帯状疱疹」という病気があります。

水ぼうそう(水痘)に一度なった人のからだには、水ぼうそうの原因である「水痘・帯状疱疹ウイルス」が神経に残り潜んでいます。これが何年も後に、過労やストレス・加齢などの原因で抵抗力が弱まった時に、再び活動を始めます。これを帯状疱疹(たいじょうほうしん)、または帯状(おびじょう)ヘルペスといいます。

特徴は、水疱が、潜んでいる神経の分布にそって、胸や腹、顔、あしなどの左右どちらかの部分にかたまって、帯状に並んでみられます。はじめは、かゆみがあり、チクチクとした痛みから、次第に激しい痛みになります。水疱はやがてかさぶたになり、3週間ほどで治りますが、症状の出方や程度には個人差があり、まれに発熱や頭痛、聴力低下、顔面神経麻痺などの症状が出る場合や、水疱がきずになる場合もあります。また、痛み(神経痛)だけが長く残ることもあります。

治療は、できるだけ早い時期に、抗ウイルス薬でウイルスの増殖を抑えることが必要です。ほとんどの場合は飲み薬で大丈夫です。患部には、水疱やきずをやわらげる、外用薬をぬります。

帯状疱疹になったら、激しい運動はさけましょう。高齢者であれば、水分の補給が腎臓の機能低下を防ぐために重要です。症状がひどい場合は安静にしたほうがよいでしょう。また、まだ水ぼうそうになっていない小さな子どもへは感染をさせることになりますから幼小児への接触は避けましょう。

予防のためには、身体の抵抗力を低下させないことが大切ですから、普段から休息や睡眠を十分に取り、適度な運動を心がけて、できるだけストレスをためないようにしましょう。

注記

学校保健安全法施行規則第十八条にて出席停止の期間が示されている疾患は水痘(第二種)で、帯状疱疹については記載がありません。しかし、平成二四年度保育所における感染症ガイドライン【厚生労働省】では、「医師の診断を受け、保護者が記入する登園届けが望ましい感染症」に帯状疱疹が指定されており登園の目安はすべての発心が痂皮化してから、とされています。ですから、学校における帯状疱疹の患児学童の取り扱いは、水痘に準じて出席停止とする学校が多いようです。

 

金属アレルギー

金属アレルギー

金属アレルギーは、私たちの身のまわりの金属製品によって、皮膚がアレルギー反応を起こし、湿疹をおこすことを言います。ピアスやGパンのボタンのところに慢性的にジクジクとした湿疹がある場合が多いようです。しかし、金属製品以外にも金属を含んでいるものがあり、注意が必要です。

金属アレルギーの種類には、おもに次のようなものがあります。

ニッケル

メッキや合金製のアクセサリー(ピアス、イヤリング、ネックレス、腕時計、眼鏡のフレーム、下着の金具など)歯科用金属、メッキ部品、セメントや塗料が付着しているところを注意して診察します。

コバルト

メッキ、セメント、粘土、塗料、顔料、陶器のうわぐすりに使用されています。ガラス製品、メガネのフレーム、キャベツやレバー、ホタテガイ、チョコレートといった日常生活品にも注意が必要です。

クロム

セメント、革製品(なめし革や染料)

水銀

消毒剤、防腐剤に使用されています。

歯科の金属

ニッケル・コバルト・クロム・水銀に加え、パラジウムがおもに原因となります。

ニッケル・コバルト・クロムを共通して含む食品

チョコレート・紅茶・ココア・香辛料・豆類・ナッツ類が知られています。

パッチテストという検査によって、金属アレルギーを診断できます。

 

アレルギー性接触皮膚炎

特定の原因物質(アレルゲン)に触れるとアレルギー反応がおきて皮膚の炎症が起きる病気です。ほとんどがアレルゲンに触れてから1~2日経過してから症状が現れます。強いかゆみや腫れがあり、ときには水ぶくれになるものです。よく、化粧品を替えたからなった、変えていないのに湿疹になった、と患者さんは来院されるのですが、アレルギー物質かどうかは慎重に診察して、パッチテストを行った後に判断できるものです。気づかないうちにアレルゲンへの接触が繰り返されると、症状が悪化して慢性湿疹になります。

 

パッチテストについて

パッチテストとは、アレルギー性接触皮膚炎(かぶれ)の原因を調べる検査です。

パッチテスターを使用し、アレルゲンを皮膚に一定時間密封して貼付して、アレルゲンを強制的に経皮吸収させ、人工的にかぶれを再現させることにより、かぶれの原因を探します。通常背中(脊柱を避けた)や上腕内側に貼ります。検査判定までの2日間は、シャワー、入浴、スポーツなどを控えてください。判定は、48時間(2日後)、72時間(3日後)、1週間後に行います。たとえば火曜に検査するとき、木曜日にシールをはがし48時間の判定、金曜日に72時間の判定、次の週の火曜日に最終判定としています。2日目(48時間後)の判定後は、入浴は可能になります。

皮膚科では、現在内服している薬剤、職業や趣味、ライフスタイルについて問診で詳しくおたずねすることがありますが、原因を調べるのに重要になります。他院でもらっているお薬や、サプリメント・健康食品患者自家製の飲み物、入浴剤、外用剤は、もらさずお教えください。

  • パッチテスト
パッチテスト

 

じんましん(蕁麻疹)

「じんましん」とは、突然皮膚が赤くなって、蚊に刺されたような膨らみがあらわれ、強いかゆみをおこす病気です。このときに見られる膨らみのことを「膨疹(ぼうしん)」と言います。多くの場合は数分~数時間で消えます。この膨疹は別の場所に現れてはまた消える、ということを繰り返します。じんましんが出たり、ひいたりを繰り返して、何日か続く場合もあります。症状が1か月以上続くものを慢性じんましんといって、悪化することが多いです。治療には数週間~数か月以上かかることが多いようです。

症状の出方は、人によってさまざまで、4人に3人は、原因がはっきりしないこともあり、おきる原因を特定するのは難しいとされています。いずれにせよ、皮膚の血管の周りにある「マスト細胞」という細胞から出される「ヒスタミン」という物質が血管から周りに染み出て、こうした症状を引き起こすことがわかっています。

原因の明らかなじんましんもあります。特定の刺激で起きるじんましんもあり、この場合、薬が効きにくいことがおおいので、じんましんをおこす刺激を避けることが大切です。

  • かぜ薬や痛みどめを飲んで出る。
  • ものに当たったり、ひっかいたところにでる。サバやマグロなど特定の食べ物を食べたときにでる。
  • 日光に当たると蕁麻疹になる。
  • 運動や入浴のとき、体が温まると症状が出る。
  • 寒いところに行くと蕁麻疹がでる。
  • 皮膚が水にぬれると症状が出る。

治療方法は、抗ヒスタミン作用のある抗アレルギー薬を内服します。原因が分からないからといって心配される必要はありません。大部分の患者さんは内服を続けているうちに、自然にじんましんが出なくなります。逆に、薬が効いているのに急に内服をやめてしまうと、治りにくくなったり、慢性化することがあるので注意が必要です。

じんましんは自然に消えますが、かゆいからといって、掻きこわすと湿疹になります。掻かないようにし、外用薬でかゆみを和らげましょう。

 

しもやけとあかぎれ

「しもやけ」は、手や足の指、耳たぶにできる、赤く腫れた状態をいいます。さわると手足の指は冷たく、かゆみが強いのが特徴です。患者さんによっては小さい赤黒いかたまりができたり、痛みを訴える方もおられます。さらに、皮膚のときに傷(潰瘍)ができることがあります。腫れが強いと、皮膚がはじけて、手の甲がひび割れてきますが、これを「あかぎれ」と呼びます。

しもやけになるのは、主に小学校低学年の子どもに多く、血液の循環の障害が原因です。気温が3℃程度の時に多く、あまりにも寒い時期にはおこりません。寒さによって、一時的に指の血管が縮こまって、その後、温もりによって急激に血管が拡張したときに腫れることが原因です。

成人の女性で、しもやけが強く、レイノー症状といって、寒さによって、一時的に指の血管が縮こまって、指先が白く、または紫や赤くなる方は、「膠原病」を疑うことがあります。

しもやけは、予防することが第一です。濡れた服や靴をそのまま使用させないようにしましょう。ビタミンEを含有する軟膏やヒルドイドソフト軟膏®は、予防効果があります。

治療は、血流を良くする薬、腫れやかゆみを改善させる薬を使用します。漢方薬を使用する場合もあります。マッサージは逆効果で、症状を悪化させることになりますので、しないようにしましょう。

  • しもやけ
しもやけ

 

とびひ(伝染性膿痂疹)

乳幼児を中心に、主に夏に発生する、皮膚に細菌が感染しておこる、かゆくて、じくじくした皮膚の症状を「とびひ」といいます。飛び火のようにあっという間に他の場所にひろがっていくことから、この名前がつけられています。

原因となるの細菌の種類によって症状が違い、ブドウ球菌が原因の水疱(すいほう)性膿痂疹と、連鎖球菌が原因の痂疲(かひ)性膿痂疹とがあります。

とびひは、虫さされや擦り傷、湿疹などの傷口についた細菌が出す毒素によって水疱(水ぶくれ)ができます。水疱はやぶれ、びらん(じくじくした皮膚)になり、ほかの場所に液がつくことで拡がります。これらの細菌は健康な皮膚には感染しませんが、キズができていたりアトピー性皮膚炎があったりすると、皮膚の抵抗力が弱くなっているため感染してしまいます。

治療は、原因菌に対して有効な抗菌薬(抗生物質)を内服して治療します。水疱・びらんのジュクジュクした皮膚症状には、ひろがりを抑えるために、亜鉛を含んだ、ぬり薬を塗っておきます。掻くことによってほかの場所にうつるのを防ぐために、かゆみ止めの抗ヒスタミン剤も使います。

保育園や幼稚園、学校では、ほかの子どもにうつさないよう、なるべく子ども同士はふれあわないように気を付けます。集団生活では患部をガーゼなどで覆い、直接ふれないようにします。清潔にし、細菌を洗い流してしまう入浴、シャワー浴は構いませんが、プールはほかの子どもに感染させますから、控えるようにします。

予防方法ですが、汗をかいたらそのままにせず、小まめにシャワーなどで皮膚を清潔に保ちましょう。石鹸はよく泡立ててからやさしく洗うことがお勧めです。虫刺されやあせも、擦り傷なども早めに治療して感染を防ぎましょう。ひっかくとほかの場所に“飛び火”しますので、掻いてひっかき傷を作らないようにすることも大切です。鼻の中には、とびひの原因菌である黄色ブドウ球菌がたくさんいますから、鼻を触るのはひかえましょう。

  • とびひ(伝染性膿痂疹)
とびひ(伝染性膿痂疹)

診療時間

皮膚科・形成外科

9:00 ~ 12:00



▲(不定週)
15:00 ~ 18:00

○ 院長 診察
▲ 女医 併診(月曜の女医の診察は16時まで)

↑